国家最優秀職人賞(Meilleur Ouvrier de France)はフランス文化の最も優れた継承者たるにふさわしい高度の技術を持つ職人に授与される称号で、その名誉は日本の「人間国宝」に相当するものと言われます。

M.O.Fのコンクールは、3年に一度開催され、合格者にはフランス大統領の名において、大統領官邸であるエリゼ宮にてM.O.Fのメダルが授与されます。


▼そして、誇りあるトリコロールカラーの襟のコックコートの着用が認められる。

 MOF トリコロールカラー


ミカエル・シェスナー 笑顔

▲ミカエル・シェスナー氏(日本アンバサドールで主催した講習会にて)
ミカエルさんは28歳という若さで
M.O.Fを取得した天才的なブーランジェ。
 
ミカエルさんが参加した「M.O.Fのコンクール」は、トップシェフが100人以上が参加している中で選ばれたそうです。

ブーランジュリーでは今現在で52人いるといいます。

 
▼シェスナー氏をフランスから招いて講習会をしてもらった時の様子

講習会 風景

ミカエルと西川さんと安倍さん
 
講習会の詳細の記事はこちら>>



パトリックさんいわく、「M.O.Fしか着れない栄誉あるもの、フランス人の私も着れない」といってました。


思い出すとフランスに行った時に出会ったM.O.Fの人達はトリコロールカラーのコックコートをきていました(^o^)


▼ドミニク・プランショ氏
_DSC6000





▼チェリー・ムニエ氏
 チェリームニエ






▼フィリップ・リゴロ氏
Philippe Rigollot(フィリップ・リゴロ) 1






    このエントリーをはてなブックマークに追加